「知っておきたい!便秘の種類と特徴」

便秘に悩まされたことのある方は多いのではないでしょうか。
特に女性に多いと言われる便秘は、いくつかの種類に分かれています。
自分の症状に当てはめてみてください。

機能性便秘と器質性便秘に分かれます。

機能性便秘とは、消化器官の機能の低下によって引き起こされるものです。
急性便秘、慢性便秘に分けられます。

急性便秘とは、一時的に便秘が起こる状態の事です。
原因には、環境の変化やストレス、偏食、水分不足、食事量の減少、運動不足などが挙げられます。
原因を取り除くことで便秘は解消されますが、長期間便秘を患うと慢性便秘に変化してしまう事があります。
早めに対処し、長引かせないようにしましょう。

慢性便秘とは、日頃から便が数日間でない状況が慢性的に続いている状態の事です。
慢性便秘には、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3つの種類があります。

弛緩性便秘は、大腸の蠕動運動が弱まることや、筋力の低下で起こる便秘です。
高齢者や女性に多く見られ、お腹が張った感じがする、残便感がある、などの症状がみられます。

痙攣性便秘は、ストレスなどによる自律神経系の乱れによって、大腸の緊張や痙攣、腸の蠕動運動が強くなりすぎるために起こる便秘です。
便秘と下痢を繰り返す、食欲の低下や固く少量の便が出るなどの症状がみられます。

直腸性便秘は、主に便意を我慢することによって起こる便秘です。
便意を我慢することにより、腸に長くとどまることになり、水分が抜けるために固い便になりがちです。
そのため痔になりやすい、体臭が強くなるなどの症状がみられます。

器質性便秘とは、生活習慣が主な理由の機能性便秘とは異なり、大腸の疾病が原因で起こるものです。
嘔吐や出血、腹痛を伴う場合があります。
この症状が現れた場合は、一度病院にかかることをおすすめします。

女性は男性に比べ、腹筋が弱いために便秘を起こしやすいです。
ダイエットによる偏食や、便意を我慢することも男性に比べ多いため、便秘で悩む女性が多いのです。